「男性への心理戦」で復縁する方法

「男性への心理戦」で復縁する方法

「男性への心理戦」で復縁する方法

恋愛にはかけひきがつきものですが、それは復縁でも同じことがいえます。
復縁の場合には、彼と密に接することが少ない分、相手の心理を読む、より高度な「心理戦」が必要になりますが、心理戦では「彼とつきあっていたことがある」というアドバンテージを十分に生かすことができます。

 

1度つきあって別れた、ということは、彼のことをよく知っている上、「それに対してこう行動すると失敗する」というケーススタディも済んでいる、という状況なのですから、それを利用しない手はありません。
が、感情のままに突っ走ってしまえば、経験を生かすことさえできないのです。

 

ここでは、彼の心理をうまく利用して復縁を成功させる、ポイントをご紹介します。

 

好意をみせつつ距離をとる

いきなり高度に思えるかもしれませんが、彼に対する認識を「昔の彼」から「憬れの人」に置き換えてしまえば、わりと簡単にできる心理作戦です。

 

中学生くらいのとき、話しかけることはできないけれど、いつも遠くからみていたような憬れの先輩はいませんでしたか?
もしそういう経験がなくても、ちょっと想像してみてください。彼もそんな憬れの先輩だと思って行動してみましょう。

 

アプローチはせず、かといって離れてはいかず、何か彼からコンタクトがあれば「好き」といった直接的な言葉ではなく「ほんといつも(仕事や勉強、ファッションなど)すごいよね」と憬れに近い気持ちを伝えるようにしてみてください。

 

そしてまたすかさず距離をとります。
具体的には、メールや電話をしないのはもちろん、同じ場所にいあわせても自分から近づいたりはしない、SNSでもみるだけでスルー、むしろ他の友人たちとのアクティビティをアピールします。

 

この「好意をみせる」→「距離をとる」のコンボが彼の心を揺り動かしてくれるのです。

 

 

会話もメールも、デートにも恋愛感情は匂わせない

この場合は、ただ直接的な言葉を使ったり、なれなれしい態度をとったりしないというだけでなく
「わざとあっさり終わらせる」→「彼にあとをひかせる」という心理作戦を利用します。

 

メールは短文かつ彼からの返信で終わらせる、電話なら3分を目安に自分から用事があるからといって切る、もし2人で合うことになっても、時間にして3時間くらい、夜なら10時には切り上げる、というようにします。

 

ただしコンタクトをとっている間、一緒にいる間は彼のいいところをしっかり言葉にして伝えましょう。
ひっかかることがあったとしても、復縁が成功するまでは否定的なことは言わないのが吉です。

 

 

おわりに

いかがでしたか?
ひいてばかりでも、好きといってばかりでも駄目、というかけひきのバランスが難しく思えたら、「憬れの気持ち」に立ち戻る、ということをヘルプにしてがんばってみてください。

 

 

恋愛の悩み事なら電話占いで解決しましょう!

恋をしていると様々な苦難や事件が起こります…

人で考え込んでしまって失敗したり、抱え込んでしまって毎日辛かったり…

 

そんな日常を変えるために、相談を受けるプロの占い師と話をしてみませんか?

今なら無料キャンペーンを実施しているサイトも満載です!

 

▽サイトをランキング形式で見てみる▽

復縁体験談


ホーム