元恋人の心を揺さぶる復縁メールの扱い方

元恋人の心を揺さぶる復縁メールの扱い方

元恋人の心を揺さぶる復縁メールの扱い方

復縁中は「彼に連絡をとっていいのか、とってはいけないのか」ということについて、1度は悩むと思います。

 

「連絡」の可、不可はケースバイケースではあるのですが、メールのような1vs1のやりとりは、使い方が難しい分、最終的な「押しの一手」として使えることも多いので、それまでは「我慢」が基本です。

 

とはいえ、全く連絡しないのも忘れられてしまいそうだし、と不安になることもあるでしょう。
ここでは、復縁時のメールの使い方とその頻度について、ケース別に解説しています。

 

 

SNSでつながりがある

2人の状況に関わらず、メールは一切なしの方向で。
もし相手からきた場合には、半日程度寝かせて返信、やりとりになったら相手のメールで終わるようにします。

 

SNSでも直接のコメントやいいね!は避けて、相手からすれば「見ているのかいないのかわからない」くらいにしておくことが大事。

 

「メールなし」の状況は、向こうに未練があってもなくても、また、あなたに非常にネガティブな気持ちを持ってしまっている場合でも復縁に向けて有利に機能します。

 

 

SNSでつながりがないが、顔を合わせる機会はある

1ヶ月ほどは冷却期間としてメールは送らず、その後、偶然顔を合わせる機会をつくったら、その日か翌日くらいに「元気そうだったね」などソフトなメールを送ります。

 

返信がなければ、また1ヶ月くらいはメールは我慢。
彼にはもう少し冷却期間が必要です。

 

返信があっても、こちらからはメールは返さず、次に会ったときに「この前メール返せなくてごめんね」と会話するための糸口として残しておきます。

 

SNSでつながりがなく、顔を合わせる機会もない

やはり1ヶ月程度の冷却期間を置いたあと、「同報メール」を送ります。
もちろん同報メール風、を装っても構いません。

 

当たり障りのないところでは捨て猫の貰い手や、友人が引越をするので冷蔵庫の引き取り手を探している、といった内容があげられますが、彼が本当に食いついてしまわないようなネタを選んでおかないと嘘がバレてしまうので注意が必要です。

 

返信がなければ、1週間後くらいに今度は「同報か同報ではないかよくわからない」文面で「貰い手が決まりました。ありがとう」といった内容のメールを送ります。
返信があったら、「あ、メールいっちゃってた?ごめんね?元気?」といった具合にメールをし、彼からの返信でやりとりが終わるようにします。

 

ここまでで返信がなければ、メールで押すよりも、顔を合わせる機会をつくる努力をしたほうがいいでしょう。

 

 

おわりに

SNSの登場によって、メールは気軽に送ることができる割には、プライベート感が強いツールになっています。
ですから、基本的には「復縁中には使わない」くらいの気持ちでいたほうが失敗は少ないのです。

 

 

恋愛の悩み事なら電話占いで解決しましょう!

恋をしていると様々な苦難や事件が起こります…

人で考え込んでしまって失敗したり、抱え込んでしまって毎日辛かったり…

 

そんな日常を変えるために、相談を受けるプロの占い師と話をしてみませんか?

今なら無料キャンペーンを実施しているサイトも満載です!

 

▽サイトをランキング形式で見てみる▽

復縁体験談


ホーム