冷却期間の正しい持ち方、過ごし方

冷却期間の正しい持ち方、過ごし方

冷却期間の正しい持ち方、過ごし方

恋愛をしたことのある人なら「冷却期間」という言葉はご存じでしょう。

 

冷却期間など必要ないほどに仲睦ましく過ごしていけたらいいのですが、人間性格は十人十色です。

 

どんなに気の合う性格でもうまくいかなくなることはあるものですね。
そうして別れてしまった恋人ともう一度やり直したいと思ったとき、ヒートアップしてしまった気持ちを落ち着かせる冷却期間をどれ位設けるのがいいのか解説していきます。

 

冷却期間って具体的にどんな期間!?

読んで字のごとく、冷却期間とは冷やす時間です。

 

ケンカをするときを思い浮かべてもらえればわかると思いますが、売り言葉に買い言葉でお互い感情が熱くなっているはずです。
そしてお互いの仲に修復不可能な亀裂がはいってしまいお別れとなるのですね。

 

相手に植え付けてしまったあなたのマイナスイメージや負の感情を、あなた自身が感情的になって冷静に考えられないという現状を、一度リセットするために設ける大切な時間が冷却期間だと思ってください。

 

復縁をスムーズに成功させるためにも重要な期間です。

 

冷却期間の長さ

人間関係にこうだという明快なマニュアルはありませんので、冷却期間も必ず復縁できる長さの定義はないのですが、単純に考えてこじれてしまった仲ほど冷却期間は長く必要だといえるでしょう。
わかりやすく目安として①一週間②一か月③三か月で区切って解説していきます。

 

 

冷却期間一週間の場合

比較的穏やかに別れた場合、相手にも深刻な嫌悪感を抱かせてはいないし、自分自身も冷静に状況を把握できていると思います。

 

別れの原因がマンネリや忙しさからくるすれ違いなどで、相手の気持ちを考えて別れを決断したのであれば、一週間程度の冷却期間でも復縁できる可能性は見いだせます。

 

しかし自分の感情が整理できていないのであればもう少し期間をおくといいでしょう。

 

 

冷却期間一か月の場合

一週間の冷却期間では足りないほど、別れ際に意見の衝突があった場合には一か月ほど期間をおいたほうがいいでしょう。

 

相手はあなたのことを自分本位な人と思っていることでしょう。

 

冷却期間を少し長く設け、その間に以前とは違う自分になる努力をしましょう。

 

そして再び会った時に、相手に一回り成長したあなたを見せることができれば、相手の心には復縁の気持ちが湧いてくるかもしれません。

 

 

冷却期間三か月の場合

特にこじれてしまった別れ、考え方、感情、何もかもぶつかり合い、かつあなたが復縁を押し付けて音信不通にまで関係が悪化してしまった場合には三か月くらい長い冷却期間が必要でしょう。

 

とにかく音信不通なら冷却期間は三か月を目安に考えていいと思います。
その間にするべきことはただひとつ、自分磨きに限ります。

 

内面的にも外見もより魅力的な異性になるように努力しましょう。
努力した者には必ずよい結果がついてきます。

 

あなたの変化が周囲の印象を変え、広がって相手にも届くことでしょう。

 

 

どうしても冷却期間をもちたくない場合

スムーズな復縁を望むなら多かれ少なかれ冷却期間は必要です。
しかし一人の寂しさ、相手に新恋人ができるかもという不安などから連絡を我慢できない方にはリスクがありますがとっておきの方法があります。

 

それは新恋人を作ることです。

 

そうすることによってあなたは寂しさから解放され、自分自身を冷静に見つめ直すことができるようになります。
さらに相手はあなたのことをへんに意識することもなくなり、連絡が取りあえる仲になるかもしれません。

 

ただ、この方法は逆に復縁の可能性を低くします。

 

すでにあなたには新しい恋人がいるのですから、相手もパートナーがいる人としてあなたのことを考えますね。

 

別れてすぐに恋人を作ったとしてよくない印象がつくかもしれません。
なので最終手段として考えてください。

 

おわりに

冷却期間中は何もせずに時が過ぎるのを待つ期間ではありません。
自分を魅力的に変化させる期間です。
そして相手にあなたが変わったということを気づかせる準備期間です。
そのことを頭にいれて冷却期間を乗り越えてください。

 

 

恋愛の悩み事なら電話占いで解決しましょう!

恋をしていると様々な苦難や事件が起こります…

人で考え込んでしまって失敗したり、抱え込んでしまって毎日辛かったり…

 

そんな日常を変えるために、相談を受けるプロの占い師と話をしてみませんか?

今なら無料キャンペーンを実施しているサイトも満載です!

 

▽サイトをランキング形式で見てみる▽

復縁体験談


ホーム